AGA治療でフサフサヘアー|自然な黒髪ゲットも夢じゃない!

案内

サイクルを正す

薄毛

髪を育てることにより、薄毛の問題を改善する育毛剤とは違い、AGA治療が行える発毛剤はAGAの原因である男性ホルモンへ直接作用する薬となります。最も知名度があり効果も高い治療薬としてフィナステリドが挙げられ、AGA治療を行なうクリニックでは多く利用されている薬なのです。フィナステリドはAGAの症状の元となる男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの合成を阻害する効果があります。ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素が働くことで発生します。この酵素はもともと男性ホルモンの還元作用をもたらす酵素であり、男性ホルモンが減少することによる性欲減退や骨、筋肉の造成に深いかかわりを持ちます。ホルモンの分泌量は多すぎても、少なすぎても体に悪影響を及ぼします。体にさまざまな症状を与える更年期障害もホルモン不足から引き起こされるものであり、ホルモン量を適正に保つためにこの5αリダクターゼは体に必要な酵素なのです。しかし、日頃の生活習慣の影響や遺伝による問題で男性ホルモンが人よりも多く分泌される人となると、この酵素の働きは却って問題となります。酵素の働きにより大量のジヒドロテストステロンが生成され、髪の発毛サイクルが乱され、AGAなどの症状が現れるようになるのです。そこで利用できるのが、5αリダクターゼ分泌を防ぐフィナステリドなのです。フィナステリドを服用することにより、ジヒドロテストステロンの合成量を大きく減らすことができるのです。AGAによって髪が薄くなったとしても、髪を生やす毛母細胞自体が死滅してしまったわけではありません。ジヒドロテストステロンによって発毛サイクルを乱され、休眠状態に入っているだけの人も多くいます。フィナステリドを定期的に服用することで、髪のサイクルを乱す男性ホルモンが減少し、毛母細胞が休眠状態から脱すれば、髪の発毛は自然に促され、AGA治療の効果を実感できるようになるでしょう。

AGAの元であるジヒドロテストステロンは、髪に有害なタンパク質であるサイトカインと呼ばれる物質を生成します。サイトカインは発毛サイクルを乱す主要因となる物質で、この物質が増えると髪の退行期を促されてしまうので、抜け毛が増え、さらには発毛を阻害されてしまうことで頭皮が目立つようになるのです。このサイトカインは決して害を与えるだけの物質ではなく、細胞に働くことで細胞の活動を制御し、細胞が過度に増殖することを防ぎ、炎症や治癒などにも深い関わりを持ちます。しかし、毛母細胞へ働きかけることで活動を抑制させてしまうため、AGA治療を行なうためにこのサイトカインを抑制する治療法が必要となります。AGA治療を行なうクリニックでは、抗サイトカイン療法によってAGAの問題を改善させてくれます。増えすぎたサイトカインを抑制する薬も存在するので、処方薬として服用するほか、薄毛が進行している患部へ塗布することでも高い効果が得られるのです。