AGA治療でフサフサヘアー|自然な黒髪ゲットも夢じゃない!

案内

すぐに効果が得られる方法

悩み

AGA治療では、フィナステリドなどの薬剤や頭皮環境を整える育毛剤の使用、さらには日頃の生活習慣など、多くの方法が利用できます。しかし、これらのAGA治療による方法は効果に個人差があり、さらに効果を実感するための時間も長くかかるため、すぐに治療を行いたいとする人にとって問題となります。AGAによる脱毛が進行し、人前に出ることに耐えられないとする人であれば、すぐに髪を以前のようなフサフサの状態に戻したいと考えるものでしょう。こうした人に対して、AGA治療を行なうクリニックでは植毛による対処を行っています。AGA治療クリニックで受けられる植毛治療は、人工毛を使った植毛と自分の髪を使った自毛植毛の二つがあります。それぞれ高いメリットがあるので、自分に合った方法を選択し、すぐにAGAによる問題を改善しましょう。人工毛を使った植毛であれば、安価な髪の毛を使って植毛ができるので、比較的費用は安く済みます。自毛を移植する場合、麻酔などを使った大掛かりな手術となるのでかかる費用も大きなものとなります。しかし人工毛ならば費用も安く、また手術の時間も短いことから、日帰りで薄くなった部分を改善させることができるのです。すぐに植毛手術を行いたいとする人や、なるべく痛みや傷跡の少ない方法がよいと考える人にとって、この人工毛を使った施術は理想的な方法と言えるでしょう。

人工毛を使用した施術方法に代わり、近年人気が集中している施術方法として、自毛を移植する手術方法が挙げられます。自毛植毛では、自分の髪の毛を薄くなっている箇所に植え付ける方法です。自分の髪の毛であるため、拒絶反応も少ないことから、治療を受ける上で安心して効果を期待できる点が人気です。さらに、植毛を行なう際には頭皮ごと移植することとなるので、移植した場所から引き続き髪が成長するとして、一度の施術でケアを必要としない所も人気となっています。AGA治療における自毛植毛は、傷跡が残ってしまうので施術を受けてしまうと余計に目立ってしまうと考える人も多くいるでしょう。しかし、現在では自毛植毛の技術も大きく進歩し、より傷跡が目立たないように植毛をおこなってくれるのです。頭皮ごと移植するので、米粒状の大きさの傷跡が残る事となりますが、植毛を行なう場所は髪が多く生える後頭部や側頭部の髪を利用します。傷跡を覆い隠すようにたくさんの髪が生えているので、滅多なことでは傷跡が見つかることはないのです。AGA治療を行なう医師も目立たないように、一箇所から移植する髪を採取することはなく、広範囲に少しずつ採取を行なうので、見た目として違和感もありません。頭皮にメスを入れるため不安を感じる人もいるでしょうが、AGA治療のクリニックでは手術後のアフターケアも行ってくれるので、肌の炎症などなんらかの問題が現れた場合にもすぐ対処してくれるので、安心してAGA治療を受けられるでしょう。